筑摩十幸な
Hテキスト屋の日記です
プロフィール

じゅうこう

Author:じゅうこう
ぷにぷにしてます



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



つーわ
けで
「すーぱーそに子 キャンパスライフ」をゲット。はみ尻が最高です。
しかしこの複雑な造形、型抜きとかどうなってんだろう。
ふつーにすげー技術だと思いました。

お返事など
NHKのあれは自分も観ました。チラリズムやんとツッコミ入れながら観てました。

おそ
らく
そうした禁断の愛というか、生命本質(遺伝子あるいは神)とムジュンしうる人間の心というモノは
前作のピンドラでも描く予定だったのだろうが、多分都条例かなんかで横やりが入って中途半端に終わった。
今回はどうまとめてくるか。
そらく
人が人を愛するのは遺伝子の命令とも言われ、生命の本質にかなっている。
ユリというのは生殖行為ではなく、極論すればその種を滅ぼしかねない異端の行いとも言える。
それは悪なのだろうか?
しかし敢然として好きであるという気持ち、心は存在する。それはどこからきたのだろうか。
ユリ熊嵐
ピンドラに輪を掛けてカオス。この監督さんの頭の中はどうなっているのか。
てか、よく企画通ったなぁ・・・。
ぐむぅ
ああ~~~~もう~~~~~~~~~~~って感じ。
調子のいい時間が続かない。
物色中
フィギュアのおすすめ、ありがとうございます。
ちょっと高いけどなかなかイイですね。
ホッパンは、フィット感とはみ出しと隙間の3つがポイントなので
じっくり吟味したいです。
あと全体に躍動感があると尚よしですなあ。
うんうん
ホッパンは二次元ではイマイチエロくならない。どうしても三次の肉感には負ける。
しかし! そうだ、それならフィギュアという手があったな!
二次のかわいさと三次の肉感を併せ持つフィギュアこそ、ホッパンが似合うはず。
というわけで、そーいうのを物色中。

お返事など
ええ、まあ、下の四コマはぶっちゃけそういうことです。
わかりにくいんでしょうかね。いや、これくらいの読解力がないとアカンでしょ。
暇つぶし
むうみそ


ロリなドロンジョ様
レイアもあんな感じにするつもりだったんだけど、いろいろぶっ込みすぎて失敗したなぁ・・・とか苦い思いも噛み締めつつ激レピ。

今のところエリナの続きの予定はありません。
最近はKTCもネット専売とか売り方も多様化しているので、いつかどうにかなるかも知れませんね?
ゲームだと、肉体改造が規制的にどうなるか。本人同意ならオッケーなのかな。
エリナも一応同意はしているけども・・・どうなんでしょうね?
夜ノヤッターマンが意外に面白く、驚いた。


帰省してました
ちょっとは親孝行できてるのかしらん?

お返事など
自分の作品を紹介して頂いてありがとうございます。気に入って頂けるといいんですが。

エリナの二次、楽しみにしております。さすがエリナ様は根強い人気がありますね。
自分も書きたいのですが、仕事が遅れているのに趣味作品を進めるわけにもいかず・・・
すまん。本当にすまんす。

んん、最近あまり他の人のエロ小説は読まないですね。
負けるのがコワイので。結構ヘタレなんですよ、私。
それではいかんのでしょうけども・・・。
もふもふ
ツイッターはやらんですよ。あれは好きな有名人との接点が持てるから楽しいんでしょう?
自分も好きな漫画家さんとか役者さんとかいっぱいいますが、その人のプライベートには興味がまったくない。
どこで何を喰おうが、何を買おうが知ったこっちゃないんで。
発信する側としても、まめに書くことはないんで、ここで十分かと。

二次モノ。
これまでもいくつか頂いたんですが、なにげに、そういうのって嬉しいんですよね。
イラストにしろ小説にしろ、その作品を本当に好きで、設定も理解してないと創れないじゃないですか。
心の底から感謝です。

エロコス
スケスケは、丸見えよりエロいですなあ。夜なら視認も難しいので、結構町中でもいけそうですね。

あと次のニジマガで、ちょろっとコラムっぽいのを書きます。エロくはないです。
新年
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
とりあえず生きています。

いろいろご意見感想ありがとうございました。
作品を楽しんでもらえればとても嬉しいです。
と、同時にさらに精進せねばと、気持ちが奮い立ちました。

どうしてもページの都合上省略するシーンは出てくるのですが
それも想像をかき立てる薬味になればいいなと思っております。
実際書いてしまうと、うまくいかない事もあるんですよね(苦笑
ほんと、エロは難しい。