筑摩十幸な
Hテキスト屋の日記です
プロフィール

じゅうこう

Author:じゅうこう
ぷにぷにしてます



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



次回作
侍姫の次のプロットを組んでます。
いつもページオーバーするので今回は少なめに設定して組んでみようかと。
後で大量に削るよりは効率的だろうし、バランスも取りやすいかも知れない。
デビューしてかなり経つのに、まだまだ模索中です。
うーん、構成が・・・
責めのシチュとか大まかな流れは決まっているんだけど
その並べ方が、すんなりといかない。
こういうのがいいと思っても、五分後には別の方がいい気がしてくる。
で五分後には最初のままがいい気がしてくる。
ぐるぐるぐる回っています。堂々巡りですわ。
ダメオタの主張
資源や農林水産業というのは0から富を生み出す。古来国が領土を求めたのはその為だ。
が、この国にはそれがどちらもないと言って良い。
そこで加工貿易に頼らざるを得ないわけです。安く仕入れて高く売る。
しかし、それに頼りすぎるのはよくないとも思うのだ。
そもそも、まともに貿易で儲けている会社なんて自動車と電機くらいしか思いつかない。
そのうちいくつかは既に外国資本に牛耳られていたりするし。
そんなわずか数社にこの国の命運を任せて良い訳がない。それはあまりにもいびつだ。

で、探してみれば他にも0から富を生むモノはある。
日本が得意なゲームやアニメやマンガだ。オタ文化だ。
この分野はもっと徹底的に保護育成すべきではないか?
海外に外注ばっかしてていいのか?
それで人が育つのか?

物作りと言えば製造業ばかり注目されるけど、クリエイターもまた物作りである。
それなのに、この国のクリエイターに対する軽視、冷遇というのは度し難いモノがある。
(一部を除いて)
社会全体の眼を変えていく必要があるだろう。麻生さん、その辺やれよ!
無から有を生み出し、海外から金を稼いでこれるオタ文化はまさに「資源」である。
製造業だけに頼るなっつーことです。

ま・・・自分のようなエロ書き屋なんぞはゴミクズなので保護しなくて良いですけど。

フタナリ
これは好物なので、仕方ない。
嫌いな人がいるのはわかっちゃいるけど止められません。
出現率もかなり高いです。
なんというか、感情移入しやすいというのが大きいですね。

スレイブヒロインズ10
聖帝ローザのマンガ版が連載されています。
今回は小説では軽く流した囚人たちによる輪姦。
アソコには触れられないまま、尻だけで狂わされていきます。

どうして小説ではダイジェストにしたんだろうか>自分?
という疑問が湧くほど素晴らしいデキです。
助三郎さんはいい仕事されますね。
堕ちた後
自分の作品は、堕ちとストーリーのクライマックスが同期するパターンが多く
結果的に堕ちた後はほとんど書かれません。
ヴァンスレで一度だけ試みたのですが、これもヘレンを堕とすというサブストーリーがあるわけで
純粋に「堕ちた後」ではないでしょう。

エロエロになったヒロインは好きなんですが、実際に書くとテンションがなく消化試合の雰囲気。
ハッキリ言ってダレてきます。
そこをうまく描く方法を考えていますが、どうもリアル文庫の方が合っている感じ。
いずれ挑戦して見たいと思います。
ノベルズでは、続巻が出せた時にその冒頭でコッテリ描くようにしています。
ブリジットの舞踏会、ローザの女体盛り、ジャンヌの輪姦とか
結構自分的に気に入っているシーンではあります。


第二稿終わり
やはりページあわせが結構大変でした。
後は最終チェックして作業完了の予定です。
発売までおよそ一ヶ月・・・遅っ。

次は久しぶりに短編のお仕事。何かの外伝になりそうです。
ページ数もないので、ひねらずストレートに終わらせたい。

手直し中
新しい方針は決まったので、進めるのみ。

*以下お返事
えーまあ、厳しげな事を書くのも自分がヘタレだからです。
グーたらで臆病なんですよ。だから敢えてプレッシャーを掛けているんです。
できる人はあんな事書かなくてもやっているわけで。

あと作品の構成は、エロとストーリーがうまく組み合わさるのが理想です。
うまく組み合うと、作品はシンプルになるんです。
実際に複雑かシンプルかではなく、読者様に「複雑だな」と思わせない事が大事。
広げすぎて失敗することもありますが(反省)

リアル文庫では余り考えなくていいんですけどね。
初詣
おみくじで数年ぶりに大吉をひいたけれど
ハッキリ言って今年はめちゃくるしい年になるでしょう。
本の売り上げ2割減は覚悟。それ以下もあり得る。
ヒカルもこの不況のまっただ中に漕ぎ出さねばならなくなってしまった。
こちらもジャンヌの半分くらいと思っています・・・。

この作家業が成り立っていくのか、どうか、瀬戸際かも知れない。
そういう危機意識は常に持っておかないと。
しかしここで薄利多売に逃げては、それこそおしまい。
サバイバルですわ。
手直し続行
あんまり遅くなると絵師さんに迷惑がかかるから、早く終わらせたいのですが・・・。


書き直し中
読み返すと、なんかいまいちな感じ。複雑すぎる。
もっとシンプルでいいのかな・・・?
ちょっと、再構成が必要。